おすすめ高反発マットレス:モットンとエイプマンパッドの感想と比較|腰痛、筋肉痛、疲労回復に

人気の高反発マットレス、「モットン」と「エイプマンパッド」の両方を購入し、試した感想を紹介します(写真左がモットン、右がエイプマンパッドです)。

一昔前までは、低反発のマットレスが流行っていて、「トゥルースリーパー」などが人気でした。

ですが、最近は「高反発マットレス」の方が良いという風潮になっています。

本記事では

①なぜ高反発マットレスが、腰痛改善や疲労改善によいのか

②どのマットレスがおすすめか

③モットンを使用してみた感想

④エイプマンパッドを使用した感想

を紹介します。

なぜ高反発マットレスが腰痛改善や疲労改善によいのか

一昔前までは低反発マットレスが人気でしたが、最近は高反発マットレスが人気です。

というのも、プロアスリートが身体疲労や腰痛改善に「高反発マットレス」を使うようになったからです。

例えば、アイススケートの真央ちゃんが「エアウィーブ」という高反発マットレスを使用していたり、サッカーのKINGカズ選手や、ネイマール選手が「東京西川のAir」という高反発マットレスを使っています。

また中日ドラゴンズで長く現役をされた山本昌選手も「モットン」という高反発マットレスを使用していました。

KINGカズや山本昌選手のように、高齢になってもプロアスリートで活躍できるように、寝具にまでこだわった場合に、

身体疲労や腰痛改善効果の高い、高反発マットレスが選ばれるようです

これはプロでない一般の方でも同じで、

腰痛に悩んでいたり、筋トレに励んでいて回復を早めるためには、高反発マットレスがおすすめです

というのも、固すぎる布団は当然良くないですが、

「低反発マットレス」の場合も、寝返りが打ちにくいという問題点があります

なぜなら低反発の場合、身体が沈みこむので、そこから寝返りを打ちにくいです。

すると、寝ている間にあまり姿勢が変化しないので、身体の一部が凝って、腰が痛くなったり、血流が溜まって血行が悪くなり、疲労が回復しにくいです。

一方で、適度に寝返りが打てる「高反発マットレス」だと、睡眠時の血行が良くなり、腰痛の改善や筋トレの疲労回復をすることができます。

おすすめの高反発マットレス

おすすめの高反発マットレスを紹介します。

まず最初にトップアスリート仕様の高価なタイプを2つ紹介します。

次に、お手ごろ価格でおすすめな2つを紹介します。

エアーウィーブ

真央ちゃんの使っていたブランドです。6万円です。

東京西川Air

KINGカズ選手が使っているブランドです。9万円です。

上二つは、本当にアスリート向けで、かなり高価です。

はじめて高反発マットレスを買う場合は、以下のふたつのお手ごろなものが良いと思います。

モットン

中日の山本昌選手が使っているマットレスです。4万円です。

 

高反発マットレス「モットン」(公式サイト)

エイプマンパッド

最近人気のお手ごろ価格の高反発マットレスです。13,000円です。

これらは2つは、4万円以下でお手ごろです。

そして良い点は、モットンもエイプマンパッドも床に敷くこともできるし、ベッドのマットレスにも使えます。

夫婦でこれらを買ってみたので、その感想を次に紹介します。

高反発マットレス:モットンの感想

モットンを購入したのは少し前になるのですが、こんな感じで箱に入って届きました。

商品紹介は以下のようになっています。

我が家で使っている様子がこちらになります。

左側の白色がモットンです。

普段はシーツをかけています。

モットンの良い点は、購入し試してみて、どうしても身体に合わなければ、90日後に返品することが可能な点です。

布団という高価な買物なので、返品保障がついているのは安心です。

また、反発力の強さを選ぶことができ、通常の体型の人は140N、体重が80kg超える人は170N、女性で45kgより軽い人は100Nが推奨されています。

わたしは通常の140Nの反発力のものを買いました。

使ってみた感想としては、朝起きたとき、身体が軽い!!

これまで低反発を使っていたときは朝、背中が重いことが度々あったのですが、モットンに変えてからは、寝起き時に身体が重い、痛いということがなくなりました。

そして、寝転がっていて、とても気持ちよいです!!

高反発マットレス「モットン」(公式サイト)

高反発マットレス「エイプマンパッドH3」の感想

次にエイプマンパッドの感想を紹介します。

エイプマンパッドは、折りたたみタイプの「H3」、折りたためない分厚い「PAD9」、折りたためない薄型「PAD5」の3つが人気です。

私は今回折りたたみタイプの「エイプマンパッドH3」を購入しました。

想像以上に小さな箱で届きました。

箱から出すと布団が圧縮されています。

ビニールから出すのですが、ビニールから出すというより、ビニールをはがすほうが簡単に取り出せました。

敷いたのがこちらです。右側の茶色がエイプマンパッドH3になります。

普段はシーツをかけています。

エイプマンパッドの感想としては、とても寝返りが打ちやすいです

3つ折の節目の部分も、身体がひっかかるなどなく、まったく気になりませんでした。

エイプマンパッドも、寝起き時の背中の痛みなどが和らぎ、良い感じでした!

エイプマンパッドは、先ほど紹介したようにいくつか種類があるため、購入前に販売元にメールして、どれが良いか相談してみました。

エイプマンパッドの比較

エイプマンパッドには折りたたみタイプの「H3」と、折りたためない分厚いタイプの「PAD9」、折りたためない薄型の「PAD5」の3つが人気です。

それぞれの特徴を紹介します。

折りたためない「PAD9」は分厚いため、床に敷いていると重たくて扱いづらく、「すのこ状の床板を使用したベッドフレームでのご利用をお勧めしております」とのとこでした。

折りたためない薄型の「PAD5」は、PAD9の薄型で扱いやすいのですが、体重60kg以下の方を想定しているそうです。

そして一番人気の「H3」は折り目が気になったのですが、「当店としましても重々縫製に気を使っている部分でもありますので自信はあります。万が一破けた場合でも側地のみを販売することで今後対応して参りますので今しばらくお待ちください」との回答をいただけ、安心したので私は、H3を購入しました。

なお、エイプマンパッドH3では、90日間返品保障をつけた16,000円の商品と、初期不良以外の返品保証はない普通の13,000円の商品があります。

Amazonも楽天も同じ値段ですが、楽天市場なら、製品のお届け日と時間帯を指定できるのでおすすめです

最後にモットンとエイプマンパッドの特徴を比較します。

モットンとエイプマンパッドを比較

モットンとエイプマンパッドを比較します。

どちらもシングルタイプで大きさは同じです。

厚さも約10cmで同じです。

エイプマンパッドの良いところは以下の写真のように、3つ折にして片付けることができるところです。

どちらのマットレスも床に敷く場合、ずっと敷いているとカビが発生しやすいので、週に1度は立てかけて底面を乾燥させる必要があります。

モットンは折りたためないので、扱いづらいです。

扱いやすさとしてはエイプマンパッドの方がかなり楽です。

寝心地としてはモットンは140Nの反発力でエイプマンパッドは170Nの反発力となっています。

実際寝てみても、モットンの方が少し柔らかくて包み込まれる感じはあります。

個人的にはモットンの方が合っている気がするのですが、モットンは40,000円で、エイプマンパッドは12,800円なので、お値段はだいぶ違います。

まとめ

腰痛や筋肉疲労を回復させるのに効果的な、高反発マットレスについて紹介しました。

とくにお手ごろな「モットン」と「エイプマンパッド」について、両方を購入して、その感想と比較を紹介しました。

私としては、

どちらも購入しても、後悔なく満足いく品質と寝心地を実現してくれると思います

あとは、折りたためて安い「エイプマンパッド」か、山本昌さんらプロが使用するレベルの「モットン」かを、販売ページを見てみて、気に入った方を購入するのが良いと思います。

腰痛に悩む方や、筋トレの疲労回復を早めたい方は、ぜひチェックしてみてください。

 

高反発マットレス「モットン」(公式サイト)

Topへ⇒筋トレ初心者・中級者のための筋肉をつけるコツとおすすめのプロテイン&サプリメント