お酒が筋肉に与える影響:筋トレする人はお酒を飲んでもよいの?

本記事では筋トレをしている人はお酒を飲んで良いのか?,「お酒が筋肉に与える影響」について解説します.

結論としては,飲みすぎなければ毎日飲んでも大丈夫です

まずはお酒を飲みすぎると筋肉がどうなるのか説明します.

一度に大量のお酒を飲んだ場合

一度に大量のお酒を飲んだ場合には,たちまち筋肉が破壊されてしまうことが知られており,「急性アルコール筋症(ミオパチー)」と呼ばれています.

この際に,筋線維の特に速筋線維の部分的壊死が起こることが報告されています.

筋トレでも筋線維を傷つけて回復・肥大化させるので,「お酒で傷がつくのも良いのでは?」と思うかもしれません.

ですが,大量のお酒を飲んだ場合にはタンパク質合成能力が低下しているので,お酒で傷ついた筋肉は,筋トレと同じようには回復しません.

つまり,一晩にデロンデロンになるまでお酒を飲むと,せっかく筋トレでつけた筋肉が落ちてしまうので気をつけましょう.

毎日飲みすぎるとどうなるのか

毎日お酒を飲みすぎていると,次第に筋力が低下し,筋肉が萎縮することが知られています.

これは「慢性アルコール筋症」と呼ばれます.

これは毎日のアルコールが,成長ホルモンIFG-I(インスリン様成長因子)の分泌を低下させるために,細胞でのタンパク質合成能力が低下するからです.

いくら筋トレをしていても,

毎日お酒を飲みすぎるとタンパク質合成能力が低下していて,筋肉が回復・肥大(超回復)しません

お酒と筋肉のまとめ

上記ふたつの問題は飲みすぎた場合の話で,適量を毎日飲む分には問題ありません.

ですが,アルコールの分解能力が弱く,すぐに赤くなったり酔ったりする「お酒に弱い人」ほど,筋肉への影響がでやすいです.

毎日お酒を飲むとすればビール500mlくらいを基準にして,弱いと思う人はそれより少し減らすのが良いとされています.

とはいえ,お酒を飲んで筋肉が大きくなることはないです.

適度にストレスが発散される程度の大人の飲み方をしましょう.

以上,お酒と筋トレのお話でした.

Topへ⇒筋トレ初心者・中級者のための筋肉をつけるコツとおすすめのプロテイン&サプリメント